アスペルガー症候群 障害 特徴

アスペルガー症候群の障害の特徴とは?

スポンサーリンク

アスペルガーの歴史について
アスペルガー症候群と言う言葉をよく聞くようになったのは、日本においてはつい最近の事です。しかし、その歴史は以外に長く、第二次世界大戦の頃にまでさかのぼります。
アスペルガー症候群はハンス・アスペルガーというオーストリアの小児科医の名前からつけられた診断名です。ハンス・アスペルガーは1944年に「小児期の自閉的精神病質」というタイトルで4例の子どもについての論文を発表しましたが、なかなか世間には知れ渡るところまでは行きませんでした。しかし、1981年にイギリスのローナ・ウィングという児童精神科医がアスペルガーの研究業績を紹介し、再評価した事がきっかけになり世間に知られるようになり、現在に至っています。ウィングは多数例の研究から、自閉症とは診断されていないが、社会性コミュニケーション想像力の3つ組の障害をもつ子どもたちがいることに気づきました。その当時、自閉症という診断は、言語によるコミュニケーションがほとんど出来ない場合に限定されており対人関心も非常に乏しい子どもにのみつけられていて、言葉によるコミュニケーションが可能であったり一方的でも対人関心がある場合は自閉症とは考えられていなかったのです。ウィングは3つ組の障害を持っていながら自閉症と診断されない子どもたちの一部はアスペルガーの報告したケースに似ていることからアスペルガー症候群という診断が適切であり、自閉症と同じような援助・教育の対象にするべきだと主張しました。
スポンサーリンク

アスペルガー症候群を簡単に説明すると
アスペルガー症候群は自閉症の一つのタイプあると判断されています。。アスペルガー症候群の子どもや大人は、
1、他の人との社会的関係をもつこと、接し方のルールなどが理解できないため会話が出来ても一人浮いてしまうことが多い。空気を読む事に障害があると言えます。
2、 コミュニケーションをすること、言葉のキャッチボールが苦手です。創造力に障害がある事も影響しています。
3、想像力と創造性に障害があります。想像力を使う、ママごと遊びなどのごっこ遊びが出来ません。
上記のような3分野に障害を持つことで、アスペルガー症候群と診断されます。典型的な自閉症も同じように3分野の障害を持っています。ですから、同じ子どもでも国際的な診断基準を適用すると自閉症であり、ウィングの基準で考えるとアスペルガー症候群となることもありえるのです。あるクリニックではアスペルガー症候群と診断された人が別の病院では自閉症と診断される事は実際あるのです。
現在、高機能自閉症、高機能広汎性発達障害などはアスペルガー症候群とほとんど同じ意味で使われています。高機能自閉症とは知的な発達が正常の自閉症のことです。ウィングは、援助の目的で考えるならば臨床的には区別する必要はないとしています。このホームページでもそのように扱っていきます。
アスペルガーについて詳しく知りたい方はこちら
知ることによって理解が生まれます。
理解できれば受け入れられるでしょう。

スポンサーリンク